SEARCH AND PRESS ENTER

アルネ・ヤコブセン / ザ・スワン

1958年アルネ・ヤコブセンの名作「エッグチェア」とともに、自らがデザインするSASロイヤルホテルのために製作された「スワンチェア」。スワンチェアのフォルムが白鳥がまさに羽を広げようとする姿からスワンの名が付いている。

スワンチェアのシェルはエッグチェアと同様に合成素材で作られており、ウレタンフォームでパディングされ、豊富なカラーのファブリックまたはレザーで張られている。脚部はアルミ製の台座にサテン仕上げのスチール製の脚からなるスターベース。当時の新素材をいち早く取り入れ、それまでの家具の歴史を一変さ せるモダンで斬新なシルエットの椅子として世界中で多くの人々に愛される「ス ワンチェア」。よく見ると羽根を広げた白鳥の姿が目に浮かんでくる。こちらもSASロイヤルホテルのための椅子で、通称スワンチェア。身近な自然を描いた水彩画を数多く残したヤコブセンが、そこからフォルムのヒントを得たとしても不思議はない。この椅子を横に引き延ばしたようなソファも、同ホテルのためにデザインされている。

© 2017 10to10.co.,ltd. All Rights Reserved.